子どもと旅行するときの知っておくと助かるポイント

飛行機や新幹線を利用する場合は!?

新幹線や飛行機を利用する場合に準備しておくと助かるものとは、いつも使っているなじみのあるおもちゃと新しいおもちゃの両者です。まだ赤ちゃんなら子供がぐずっても授乳やお菓子でその場をおさめることができますが、それ以上の月齢になるとお菓子やジュースで子供を鎮めることができない場合も出てきます。なので、子供が暇にならないようにいつも遊んでいるおもちゃで先に遊ばせて、飽きてしまった時のために新しいおもちゃを差し出します。子供は初めて見るおもちゃには夢中になって遊んでくれます。持参したおもちゃに全て飽きてしまったら、DVDや動画を見せることが最終手段です。目が悪くなってしまう事も考えて、時間を決めて一緒に見るようにするといいでしょう。

タイムスケジュールは大切

子供と一緒に旅行をするならタイムスケジュール管理はとても大切です。大人用のタイムスケジュールだとハードであったり、疲れてしまいます。なので、なるべくゆったりとしたタイムスケジュールを組むようにしましょう。飛行機や新幹線など公共機関を利用する場合は、その直前までたくさん遊ばせてからお腹が減る時間に合わせて搭乗すれば、乗ってからはまずご飯を食べそのあと少しだけ遊べばそろそろお昼寝の時間になります。この時間を考えておけばある程度、子供がぐずってしまう可能性を抑えることができますよ。例えば、夕方になると子供は疲れてぐずってしまう事が多い時間帯なので夕方以降は公共機関を利用することは避けることをおススメしますよ。

キャンピングカー

海外旅行の必需品!?持っていくと便利なグッズ

貴重品を持ち歩くのに便利なセキュリティポーチ

海外旅行に出掛ける際には、ぜひ持っていきたい便利グッズがいくつかあります。例えば海外での旅行中に役立つのがセキュリティポーチですね。外国の旅行先では、治安があまり良くない場所も多いです。そのような場所では、現金など貴重品の扱いに十分注意しなければなりません。そこでセキュリティポーチを使うと、海外旅行中に大切なものを肌身離さず持ち歩く事ができます。セキュリティポーチは洋服の下に隠し持つ事ができるため、現金やカードなどの貴重品が狙われにくい効果があります。せっかくの海外旅行も、スリなどに出会ってしまうとバカンス気分が台無しです。セキュリティポーチで隙を作らず、万全の態勢で貴重品を守る意識が大切ですね。

圧縮袋でかさばる着替えがコンパクトに

海外での旅行へ持参すると便利なグッズに圧縮袋があります。旅行中には着替えを持ち運ばなければならず、荷物がかさばるため厄介ですよね。しかし便利グッズで工夫すれば、かさばる着替えもコンパクトにできます。圧縮袋を使うと洋服は非常に小さく折りたためるようになります。圧縮袋には掃除機を使って吸引するタイプもあるものの、旅行先では掃除機が使えません。そこで手で圧縮できるタイプの袋を使えば、海外の旅行先でもコンパクトに着替えを圧縮できるようになりますよ。荷物が小さくなって旅行中の移動がはかどります。圧縮袋はできるだけ丈夫で品質のしっかりしたものを使う事がコツです。安価な圧縮袋は生地が薄く、破れてしまう事もあるため注意したいですね。

ホームエクスチェンジ

いつもの旅ではつまらない!知識を深める旅行をしよう

博物館で歴史を感じる

知識を得るための旅行に行くことで、知識欲を満足させることができます。観光地として博物館を選ぶことで、色々な知識を身に着けることが可能になってきます。博物館には、歴史ある資料や物が展示されていて、それを直接見ることができるのです。普段の生活で見ることができない歴史ある資料を直接見ることができるので、精神的に感動することができるでしょう。また、博物館では価値あるお土産を購入することもできるので、小さい子供も満足することができます。子供が購入できる、楽しんで遊べるアイテムもお土産として販売されているので、家に帰った時でも遊ぶことができるでしょう。知識欲を満足させたいときには、博物館への旅行を検討するとよいです。

美術館で絵に触れてみよう

美しい絵画を見ることで、心を豊かにすることができます。ストレスを感じている人は、美術館への旅行を行ってみるとよいでしょう。美術館には、たくさんの絵画が飾られています。人物画を特徴にしているものだけではなく風景画などもあり、それぞれの特徴を楽しめるようになるのです。しかも、昔の風景を描いた絵を見れば、昔の生活に思いを馳せることも可能になるのです。見たこともない昔の風景を絵を通して見ることもでき、感動を味わえるでしょう。美術館は全国各地に存在していますが、それぞれに飾られている絵画の特徴が異なっています。美術館めぐりの旅行を行えば、好きな画家や絵の特徴を把握できるようになり、知識を深めることもできます。

旅行写真

旅行の醍醐味と今後の生活の楽しみを考える

疲れや精神ストレスに負けない

旅行といえば、多くの人にとっての楽しみであることは、取り立てて説明する必要もないほどに多くの人に浸透しています。日本国内はもとより、海外の秘境めぐりなど旅行の楽しみは人それぞれです。旅行の良さは、誰の心も軽やかな気分にさせてくれるところです。さまざまな分野において、価値観が大きく多様性を見せている今、知らず知らずのうちに精神ストレスや心の悩みを抱え込んでしまう人が増えているのです。若い世代から、中高年やシニア世代に至るまでの幅広い世代が、日頃の仕事や家事、介護などに疲れを感じているのです。そんな日頃の疲れや精神ストレスも旅行をすることで、解消することが多くあるのです。旅行の果たす役割は大きいといえるでしょう。

将来に向けての投資になる

若い世代のカップルにとっては、二人の愛を確固たるものにするためにも旅行に行くことは重要といえるでしょう。二人きりの時間を満喫することで、今まで気づくことができなかった相手の良さに気づくことができるのです。二人の距離が一気に縮まっていくかもしれません。熟年夫婦にとっても、二人で旅行をすることで、長年の感謝の思いが芽生えてくることもあるといえるでしょう。旅行といえば、全く初めての国に行くこともありますよね。異国の文化や歴史、習慣などに触れることで、成長することもできますので、積極的に旅行をすることも人生を豊かにしてくれるのです。むろん、多少の資金がかかることにはなりますが、得られることの大きさも半端なものではありません。

観光

初心者必見!海外旅行出発前に準備すべきこと

パスポートの取得方法

海外旅行する時に必要になるのがパスポートです。パスポートがなければ、日本から出国することもできないので、海外へ旅行することが決まったら速やかに発給申請します。パスポートの申請をする際には、戸籍抄本(または謄本)、住民票、身元確認の書類、写真1枚、一般旅券発給申請書の提出が求められ、代理人を通して申請する場合は、代理人の身元確認書類も必要です。必要書類を揃えたら住民票のある都道府県の旅券担当窓口に提出し、係員から交付予定日が記載された旅券引換書(一般旅券受領証)を受け取ります。申請から発給までは約1周間かかるので、出発の直前になって慌てないためにも、パスポートの準備は余裕を持ってしておくことが大事です。

ビザが必要な場合と取得方法

旅行先の国や滞在日数によっては、ビザ(査証)が必要になる場合があります。ビザは、旅行先の国への入国仮承諾証のようなもので、 大使館や領事館など、その国の在外公館が発給しています。中国は「滞在日数15日以内」、韓国は「90日以内の観光」など、各国ごとにビザ不要条件を定めて広報しているので、旅行が決まったら、目的国の定めたビザ不要条件を確認し、決められた滞在日数を超えてオーバーステイしないように注意しましょう。日本のパスポートは信頼性が高いので、国内情勢が不安定な国を除く、世界約170ヶ国でビザが不要ですが、旅行前に旅行会社のビザ情報サービスや各国の大使館・領事館へ問い合わせて確認しておくと安心です。

観光協会