夏の北海道旅行は三か月間の長旅をする人たちがおります

自転車による北海道一周の旅

本州からフェリーで北海道に渡るには、函館・小樽・苫小牧があります。愛車の自転車と船旅を楽しんで北海道に上陸すると、時計回りで北海道を一周する旅行が始まります。自転車には最悪の場合を考えて、野宿が出来る設備を整えての出発です。北海道の沿岸は一筆書きができるように昭和50年代に全線開通し、全長2500キロメートルあります。一日50キロの走行でも50日間かかりるので、雨や体調を考えれば最低でも二か月間は見ておかなければなりません。宿泊先は沿岸に近いユースホステルと格安旅館をすでに調べており、向かう先々で予約を入れる体制でおります。左手に海を見ながらの走行は、日本海を北上し最北端の宗谷岬でオホーツクに入り、知床半島を横断すると国後島が見える根室海峡に入ります。最東端の納沙布岬を過ぎると太平洋を延々と西に走り出発地の苫小牧港に向かいます。一周すると成し遂げた自信が湧いてくるのです。

愛車を改造して三か月間の北海道旅行

北海道の夏は猛暑とはいっても30℃を越える日は何日もありません。涼しい北海道で広い大地を存分に旅をする人たちがおります。特に定年を向かえて夢でもあった滞在型の実現なのでしょう。北海道の道の駅はすでに150ヶ所を越えており、夏ともなれば駐車場には本州ナンバーの車が多くなります。この車の中にはキャンピングカーもありますが、宿泊ができるように改造されている車で旅をする人たちがおります。道の駅はトイレがありますし、何といっても街燈があるため宿泊をするには安心です。朝ともなれば、ドアーに宗谷岬の暖簾を掲げ、中で食事をする微笑ましい姿が見れます。道の駅は格安の宿泊施設となり、次の道の駅を目指して観光施設を検討するには丁度よいのでしょう。

タビマスターズ

いつもの旅ではつまらない!知識を深める旅行をしよう

博物館で歴史を感じる

知識を得るための旅行に行くことで、知識欲を満足させることができます。観光地として博物館を選ぶことで、色々な知識を身に着けることが可能になってきます。博物館には、歴史ある資料や物が展示されていて、それを直接見ることができるのです。普段の生活で見ることができない歴史ある資料を直接見ることができるので、精神的に感動することができるでしょう。また、博物館では価値あるお土産を購入することもできるので、小さい子供も満足することができます。子供が購入できる、楽しんで遊べるアイテムもお土産として販売されているので、家に帰った時でも遊ぶことができるでしょう。知識欲を満足させたいときには、博物館への旅行を検討するとよいです。

美術館で絵に触れてみよう

美しい絵画を見ることで、心を豊かにすることができます。ストレスを感じている人は、美術館への旅行を行ってみるとよいでしょう。美術館には、たくさんの絵画が飾られています。人物画を特徴にしているものだけではなく風景画などもあり、それぞれの特徴を楽しめるようになるのです。しかも、昔の風景を描いた絵を見れば、昔の生活に思いを馳せることも可能になるのです。見たこともない昔の風景を絵を通して見ることもでき、感動を味わえるでしょう。美術館は全国各地に存在していますが、それぞれに飾られている絵画の特徴が異なっています。美術館めぐりの旅行を行えば、好きな画家や絵の特徴を把握できるようになり、知識を深めることもできます。

旅行写真

多くのメリットがある!国内旅行を行う魅力とは

国内旅行は便利で自分自身でプランが立てられます

国内旅行の魅力のひとつは、その便利さにあると言えます。目標地点へ出発するための方法が、飛行機以外ない外国への旅行とは異なり、国内旅行においては 広い範囲に亘る交通手段を利用することができます。外国への旅行は船でも訪問できますが、船は時間を必要とするので現実味がありません。 国内においては、飛行機、さらに鉄道そして、車といった自らの旅行プログラムにふさわしい交通機関が選定できます。予算であったり、道中にある楽しむ方法などで、自分自身でカスタムできるというところが、国内旅行のアピールポイントに違いありません。 プランニングに束縛された外国への旅行より、 自分自身でプランニングできる旅行のほうが楽しいといえます。

国内旅行はサービスや環境が整備されています

自分自身で計画を立てて、ツアーではカバーできないロケーションを目にしながらの旅行は、素晴らしいといえます。 その上安い値段でも、サービスのクオリティーは、 一定レベルは維持しています。 問題があってもそれなりの対処をしてくれます。真の意味でおもてなしを享受することといえます。 これに関しては非常に大きな魅力になります。 それに加えて治安状態が外国とは異なり、格段にすばらしいです。治安状態が良いので、夜の間の街であったり夜景を楽しむことが可能になります。しかしながら外国であれば、そうではありません。こういった意味では国内旅行は利点多いといえます。ですから、多くの方が国内旅行を選択し、旅行を楽しんでいます。

タビマスターズ

旅行の醍醐味と今後の生活の楽しみを考える

疲れや精神ストレスに負けない

旅行といえば、多くの人にとっての楽しみであることは、取り立てて説明する必要もないほどに多くの人に浸透しています。日本国内はもとより、海外の秘境めぐりなど旅行の楽しみは人それぞれです。旅行の良さは、誰の心も軽やかな気分にさせてくれるところです。さまざまな分野において、価値観が大きく多様性を見せている今、知らず知らずのうちに精神ストレスや心の悩みを抱え込んでしまう人が増えているのです。若い世代から、中高年やシニア世代に至るまでの幅広い世代が、日頃の仕事や家事、介護などに疲れを感じているのです。そんな日頃の疲れや精神ストレスも旅行をすることで、解消することが多くあるのです。旅行の果たす役割は大きいといえるでしょう。

将来に向けての投資になる

若い世代のカップルにとっては、二人の愛を確固たるものにするためにも旅行に行くことは重要といえるでしょう。二人きりの時間を満喫することで、今まで気づくことができなかった相手の良さに気づくことができるのです。二人の距離が一気に縮まっていくかもしれません。熟年夫婦にとっても、二人で旅行をすることで、長年の感謝の思いが芽生えてくることもあるといえるでしょう。旅行といえば、全く初めての国に行くこともありますよね。異国の文化や歴史、習慣などに触れることで、成長することもできますので、積極的に旅行をすることも人生を豊かにしてくれるのです。むろん、多少の資金がかかることにはなりますが、得られることの大きさも半端なものではありません。

観光

カップルでの旅行?!気をつけること3選!

旅行のプランを一緒に立てよう!

旅行については、どちらかの1人が、行く日や行く場所、時間や交通機関などを、すべて決めてしまうケースがありますが、避けた方が良いでしょう。予定を立てている時から、旅行は始まったと思った方が良いです。2人で計画を立てることで、どちらか一方に負担がかかってしまうこともありません。また、詳しく2人で決めることで、当日の、服装や持ち物なども、明確に決めることができます。2人で決めれば、お互いの行きたい場所に行けるので、不満がない旅行が行えるでしょう。なにより、旅行に行く前に、パンフレットなどを参考に、行く場所や時間のプランを立てる時間も、話題が盛り上がり、楽しい時間になります。また、プランを立てている時間は、後に思い出した時に良い思い出にもなるでしょう。

移動と宿泊先には、お金をかけよう?!

よく、旅行の費用を削減するために、目的地までの移動を、深夜バスにするカップルが多いでしょう。男性は、バスのシートで寝ても平気だ、という人が多く、体力もあるので、旅行に影響しません。しかし、女性は腰や肩などが痛くなってしまったり、疲れがたまってしまい、旅行が楽しめなくなるということがあります。せっかくの旅行が楽しめなくならない様に、深夜バスは避けた方が良いでしょう。また、宿泊先は、少し汚くても平気だという男性が多いのですが、女性は気になってしまうことが多いでしょう。男性は、なかなか言わなければ気づかずに、予約してしまうこともあるので、汚い所は嫌だと、自分から伝えた方がよいです。せっかくの旅行なので快適に移動し、綺麗なところに泊まった方が良いですよね。

旅行

初心者必見!海外旅行出発前に準備すべきこと

パスポートの取得方法

海外旅行する時に必要になるのがパスポートです。パスポートがなければ、日本から出国することもできないので、海外へ旅行することが決まったら速やかに発給申請します。パスポートの申請をする際には、戸籍抄本(または謄本)、住民票、身元確認の書類、写真1枚、一般旅券発給申請書の提出が求められ、代理人を通して申請する場合は、代理人の身元確認書類も必要です。必要書類を揃えたら住民票のある都道府県の旅券担当窓口に提出し、係員から交付予定日が記載された旅券引換書(一般旅券受領証)を受け取ります。申請から発給までは約1周間かかるので、出発の直前になって慌てないためにも、パスポートの準備は余裕を持ってしておくことが大事です。

ビザが必要な場合と取得方法

旅行先の国や滞在日数によっては、ビザ(査証)が必要になる場合があります。ビザは、旅行先の国への入国仮承諾証のようなもので、 大使館や領事館など、その国の在外公館が発給しています。中国は「滞在日数15日以内」、韓国は「90日以内の観光」など、各国ごとにビザ不要条件を定めて広報しているので、旅行が決まったら、目的国の定めたビザ不要条件を確認し、決められた滞在日数を超えてオーバーステイしないように注意しましょう。日本のパスポートは信頼性が高いので、国内情勢が不安定な国を除く、世界約170ヶ国でビザが不要ですが、旅行前に旅行会社のビザ情報サービスや各国の大使館・領事館へ問い合わせて確認しておくと安心です。

観光協会

北海道は東南アジア旅行者が訪れることで人気がでているところがあります

北海道神宮はおみくじが一番人気

北海道は台湾の人たちには雪が珍しくて旅行者が増えました。新千歳空港に国際ターミナルが出来たこともあり、韓国や中国、タイからも観光で訪れる人たちがおります。一時の爆買いは無くなりましたが、札幌などでは狸小路商店街などは人通りが多くなり、久しぶりの活性化となりました。また、思いもかけなかった場所にアジアの人たちが訪れているのでびっくりです。それは、札幌の円山公園にある北海道神宮なのです。市民もパワースポットとしてお正月やお花見には訪れる場所ですが、普段の平日に観光バスが並びます。お詣りをする習慣はアジアの人たちにもるのですが、ここでの買い物に人気があるのです。それはおみくじを購入するのが一番人気なのです。

観光地としてアイヌ民族施設が見直し

北海道の太平洋沿岸に白老という小さな町があります。蝦夷と言われていたころに多くのアイヌの人たちが集落をつくっていた所で、今でもアイヌ民族の生活がわかるように住居や当時の暮らしが再現されています。学校教育の一環として学生が訪れるのが主の施設でしたが、東南アジアの観光客が北海道に訪れるようになり一変しました。駐車場を広く取り、大型のバスが何台も並ぶ観光地となりました。施設内には、韓国語・中国語の案内板が建ち並び、カイドも観光客に合わせて韓国語・中国語が飛び交います。2020年には隣接するポロト湖畔に大型のアイヌ民族博物館が建てられる計画が進んでおり、東京オリンピツク開催ととも多くの外国人訪問を期待しています。

旅芸人

とっても食べたい!和歌山旅行で食べたほうがいいグルメ

和歌山ラーメンは有名です

和歌山を旅行する人が多く行くのは和歌山ラーメンのお店です。和歌山ラーメンは、こってりとした醤油とんこつラーメンで、コクがあるのが特徴です。和歌山県内にはたくさんのお店が存在しており人気は常にあります。なぜ和歌山ラーメンはおいしいのかというと、スープと麺の相性が抜群に良いからです。スープに合うように各店舗が注文したり自家製で作ったりしている麺は中太のストレートの麺なので、濃いスープをたくさん吸い上げてくれて最後までこってりした味を堪能できます。また、自家製のメンマやチャーシューにこだわっているお店も存在し、とても心温まる味が大きな魅力です。旅行者の中にはわざわざ和歌山ラーメンのためだけに和歌山を訪れる人もいるくらいです。

海鮮料理は魅力的です

和歌山は海が近いので、海鮮料理がとても評判です。海の近くにある市場では観光客向けに少量で販売していてバーベキューが楽しめるようになっていることがあります。ホタテやサザエなどの貝は潮の流れが速い和歌山だからこそ大きく育ち、濃い味が満喫できます。また、和歌山県ではマグロが人気です。刺身で食べるのもおいしいですが、バーベキューとして焼いて食べるのも味が濃縮されておいしいです。さらに、海の近くの飲食店では、海鮮丼を出すお店が多く、各店舗がさまざまな海鮮を乗せて豪華さを演出しています。トロが入った海鮮丼はすぐ売り切れるくらい観光客に人気が高いです。和歌山の海で育った脂の乗った海鮮を食べるのは旅の醍醐味ではないでしょうか。

バカンス

積極的に参加しましょう!社員旅行のメリットとは

社員旅行は社員同士の関係をスムーズにします

企業に中途採用されたり、新入社員で入社したばかりであれば、従業員との意思疎通が充分に計れていないので、効率に不自由になっているケースがあります。社員各々のコミュニケーションは、必然的に入用なことです。社員旅行をする事で、対話を計り、日常の会社の業務を円滑に進めて行けるようになる利点があります。一丸となって業務につく上で、お互いのコミュニケーションをはかりやすい周辺環境を作らないと職務をスムーズに進められません。社員旅行を一緒になって満喫する時間をシェアすることで、印象が良くなかったとしても誤った認識を解き放つ事ができますので、社員旅行は会社の活動にとって、潤滑油のような役割を果たしているといえます。

自分自身を認識することができる機会でもあります

社員旅行においては、夜になると宴会であったり、レクリエーションといったコミュニケーションの機会を設定することで、社員それぞれの親睦を深めていくことができるアドバンテージがあります。そういう様な機会においては、多くの場合アルコールが入ることから、普段感じていたことなどを話し合いできるチャンスでもあります。自分自身が周囲の人からどのような目で感じられていたかを、認識できる良い機会でもあるので、できるだけ加わることが重要となります。自分自身を客観的な目線で見れるチャンスが設置されているのは、社員旅行の非常に大きなアピールポイントです。この機会に、社員旅行のオリジナルのメリットを確実に利用しましょう。

放浪

便利になった今だからこそ見つめ直したい旅行のあり方

旅行のあり方を見つめ直しましょう

旅行は多くの方にとって、日常生活の息抜きになったり、見識を広げる機会になったりとその体験から多くのものを私達に提供してくれます。その一方で世の中が便利になっていくに連れ、本来の旅行の醍醐味が見失われがちになって行っているのでは無いでしょうか。例えば、24時間いつ何処からでも旅館や交通機関の予約が出来る様になった事によって、無理矢理な旅程を組んだプランを立てる人も少なくありません。本来、味わうべき現地での人との交流や文化との交流、あるいは食を楽しむと言う流れを失い、単に目的地に行く事が目的となってしまっています。これでは、息抜きになるどころか、過密スケジュールで疲労は溜まりますし、見識も広がりません。便利になった世の中だからこそ、今一度、旅行の意味を考え直す時期に来ているのでは無いでしょうか。

旅行は現地での交流、体験を大事にしましょう

旅行の醍醐味を味わう為に今だからこそ、やるべきなのは、現地ガイドの活用や現地での体験型アクティビティへの参加です。インターネットが充実しているこの世の中ではガイドが居なくても大抵の事は知る事が出来てしまいます。しかしながら、個人で調べる場合、自身のフィルターが入ってしまうので、自身の興味のある内容しか入って来なくなると言う弊害があります。表面的な内容だけでなくバックグラウンドの話なども知る事でより一層の理解が増し、興味が湧いてくると言うものです。この様な事からもインターネットで様々な事が調べられる世の中ですが、現地ガイドを使う事が旅行をより一層深みのあるものにしてくれると言えます。また、現地でのアクティビティも同様で現地特有の体験は五感で現地を感じる事が出来る貴重なものと言えます。同じ様なアクティビティをやった事があると言う方も現地の空気の中で行うのでは、感じ方に違いが出てきます。是非、旅行は現地での交流、体験を大事にしましょう。

余暇