初心者必見!海外旅行出発前に準備すべきこと

パスポートの取得方法

海外旅行する時に必要になるのがパスポートです。パスポートがなければ、日本から出国することもできないので、海外へ旅行することが決まったら速やかに発給申請します。パスポートの申請をする際には、戸籍抄本(または謄本)、住民票、身元確認の書類、写真1枚、一般旅券発給申請書の提出が求められ、代理人を通して申請する場合は、代理人の身元確認書類も必要です。必要書類を揃えたら住民票のある都道府県の旅券担当窓口に提出し、係員から交付予定日が記載された旅券引換書(一般旅券受領証)を受け取ります。申請から発給までは約1周間かかるので、出発の直前になって慌てないためにも、パスポートの準備は余裕を持ってしておくことが大事です。

ビザが必要な場合と取得方法

旅行先の国や滞在日数によっては、ビザ(査証)が必要になる場合があります。ビザは、旅行先の国への入国仮承諾証のようなもので、 大使館や領事館など、その国の在外公館が発給しています。中国は「滞在日数15日以内」、韓国は「90日以内の観光」など、各国ごとにビザ不要条件を定めて広報しているので、旅行が決まったら、目的国の定めたビザ不要条件を確認し、決められた滞在日数を超えてオーバーステイしないように注意しましょう。日本のパスポートは信頼性が高いので、国内情勢が不安定な国を除く、世界約170ヶ国でビザが不要ですが、旅行前に旅行会社のビザ情報サービスや各国の大使館・領事館へ問い合わせて確認しておくと安心です。

観光協会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です